鼻づまりは早めに治そう|重大な病気になる前に

医師

好みに合わせた補聴器

ナース

楽しく前向きに補聴器を選ぶために

難聴の症状を持つ子どもの場合、補聴器を付ける事自体を嫌がってしまう事もあります。少なくとも好んで自分から取り付けると言う事はあまりなく、理性が備わるまでは装着に苦労する面もあります。そんな精神的な面においても配慮する場合には、販売店でもよく売られている様々な個性豊かなデザインのものを買ってみて下さい。子どもが好きな色や、好みやすいと言われる淡くて明るめの色合いを選ぶと良いでしょう。子どもが率先して付けてくれる、愛用してくれるような補聴器を選択する事で、苦労することがなくなるかもしれません。ある程度育ってきてからも、自分好みのデザインにこだわって選べば気持ち的にも楽しみが生まれて精神的に楽になるため、前向きに販売店に足を運ぶきっかけにしてみて下さい。

様々な事例に対応した製品づくりへ

現在は、子どもが装着する際に起きる様々な不具合に対して対処出来る製品が生まれて行っています。子どもの耳と言うのは誰しもが同じ形をしておらず、大きさも人によって様々です。耳が特別小さな子どもであっても付けられるようなフックを採用する事で、販売店ではどんな大きさでも対応出来るようになっています。子どもの場合は補聴器に関する情報も知らない事が多く、誤った使い方をしてしまうケースがあります。その中には電池を飲み込んでしまうと言う可能性があるため、しっかりと鍵を掛ける機能も備えられるようになりました。また、音量調整が行えるタイプの補聴器が主流ですから、勝手にいじって変更してしまわないように機能が調整されています。販売店では様々な工夫された商品が並んでいますから、オプションを含めて調べてみて下さい。