鼻づまりは早めに治そう|重大な病気になる前に

先生

症状が軽いうちに治そう

病院

補聴器の事を知っていますか

同じ補聴器を買っても、調整が違えば聞こえ方は違うという事をご存じですか。 補聴器は買って装着すれば全て解決というものではありません。何故なら補聴器は症状にあわせ調節する事で難聴などをサポートする医療機器だからです。 国が医療機器として認可する安全と性能を兼ね備えているからこそ、多くの方の症状に調整で添いお役にたてるのです。 ですからしっかりと調節できる販売店で購入する事が大切なのです。同じものを購入したのに調整する人が違うだけで聞こえ方が違ってしまうわけですから、しっかりコミュニケーションをとってくれて自分にあった調整やメンテナンスを行ってくれるスタッフが居るかどうかが、今後の聞こえ方に関わってくるという事なのです。

良い販売店を探すには

販売店を選ぶ時、認定補聴器専門店という肩書がある所を探してみましょう。認定補聴器専門店とは、公益財団法人テクノエイド協会が行う講習を受け、かつ認定試験に合格した認定補聴器技能者が居るだけでなく、適切な店舗の形やサービス調整が行えると認可された販売店だけが名乗る事を許されます。 この販売店の認定期間は5年とされており、5年後には継続申請の申し出をして認定試験を受け直さなければなりません。この事から技術革新が進んでもきちんとした調整が出来る販売店である事がお分かりになると思います。 検索すれば地域で認定されている店舗を知る事が出来ますので、その中で出来るだけ様々な補聴器会社のものを扱っている販売店に行かれるのが良いと思います。

早めに治療しよう

風邪でもないのに鼻づまりになることは少なくないでしょう。しかし、すぐに治ると思っていると思がけない重大な病気の原因になる場合もあるので注意が必要です。初期段階なら鼻の中に直接消毒液を入れる処置をして終了になるケースがほとんどです。また、鼻に吹きかけるだけの薬を処方されることもあるでしょう。それでも症状が改善されない時は、点鼻液や手術をすることになってしまう場合もあるので症状が軽いうちに鼻づまりの治療しておくのが賢明です。

需要が高まる

耳に手をあてる人

耳が遠くなった、声が聞き取りづらくなったといような方はたくさんいます。このような聴力低下は、お年寄りにかかわらず誰にでも起こりうるものなので知っておくのもいいでしょう。

More...

進化する可能性がある

マスクの女性

補聴器は耳鼻科で作ることができ、聴力を回復する手助けをしてくれるものもあります。技術が進めばもっと優れた性能の補聴器が可能となるので期待する方は多くなっています。

More...

好みに合わせた補聴器

ナース

販売店で子どもの補聴器を選ぶのはなかなか大変で年頃の子どもともなると、付けること自体後ろ向きに考えてしまうことが多いのです。そんなときに心がけておくべきコツは、子どもたちの「好み」を把握することです。

More...